月曜日, 12月 31, 2007

天気は穏やかで、未来は混沌としています


相方から頂いた書。安全の祈願です。


穏やかな天気と裏腹に、昨晩耳に入った絶望的なくらい暗い情報が
なんとも言えない年末を演出する大晦日の今日。

しかし2007年は刺激的な年でした。
とにかく色んな人と知り合い、仲良くなれました。
多くの場合は僕より随分若い人でしたが、知らないうちに
僕の言動にも責任が生まれてきたんだな、と少し思うようになりました。

今年1年で一番印象に残っているのは現在進行形なことばかりで
身の回りで起きていることの息の長さも今までにないことでした。

アウディを買ったことも、仕事のことも、すべて来年に持ち越して
続いていくこと。来年もまたがんばります。

土曜日, 12月 29, 2007

大人と子供のおもちゃ

今年残した仕事もあとわずか。
いやぁ、来年に持ち越した仕事はたんまりあって
すっきりとした感は薄いかな。でもこの緊張感が
年末年始に風邪を引かないコツかもしれないですね(笑)

さて、今日、自動車雑誌を読んでいたら
ちょっとビックリする記事が。

最近、ラジコンって凄い安いんですね!
ボーイズトイの決定打です。ボーイズとやらが34歳であっても。

まだラインナップにグイグイ引かれる感じじゃない車のラジコン
しかしこの値段は魅力的です。¥1,280ですよ、奥様!

そして、こちらは夢のラジコンヘリ…ですがHELI-Qですって。
チョロQのヘリ版ってことですね。

おもちゃ売り場なんて何年も行ってなかったけど
行く理由が出来ちゃった感じですね。

生まれて初めて…

ペンキで壁塗りしました。
朝起きたら、背中がパキパキ。

今日もがんばるのだ!

水曜日, 12月 26, 2007

見上げてごらん夜の星を

この歌のように、ありとあらゆる
幅広い年齢層のたくさんの人から
長く長く愛されるような映像を作ってみたいです。

見上げてごらん 夜の星を
小さな星の 小さな光りが
ささやかな幸せを うたってる

見上げてごらん 夜の星を
ぼくらのように 名もない星が
ささやかな幸せを 祈ってる

手をつなごう ぼくと
追いかけよう 夢を
二人なら 苦しくなんかないさ

火曜日, 12月 25, 2007

サンタクロースの受難

今、朝5時です。

ようやく仕事が終わって眠ろうと
部屋の電気を消したのですが、
外がメチャクチャ明るくて、あらためて驚きました。

これは街の明かりが反射してるのかな?
原因はなんですか?スキー場のナイター照明だと
一時期は信じきってましたが…

これだけ明るいとなると、そりゃあサンタさんも大変です。
おそらくトナカイにひかれたソリくらいの大きさなら、確実に目視できるはず。

これは、サンタさんを守るために、ちょっと工夫が必要かと。
電気、消しましょう。
子供達がサンタさんの夢を持ち続けられるように。
そして多くの電力供給が火力発電でまかなわれている今、温暖化を食い止められるように。

月曜日, 12月 24, 2007

クリスマスケーキは…


Merry X'mas!
ってことで、相方が見つけてきた我が家のケーキは
ドトールのミルクレープ 1ホール。

この、ほんのわずかながらに外した感じが
素晴らしいセレクトだと感心しきり。
冷蔵庫の中身が全部ゴマプリンだったらいいのに、みたいな
夢への前進を感じさせるセレクトです。

相方の実家は、相方パパのこだわりで
ケーキと言えばバタークリーム。
この時代探すのが難しいバタークリームを
飽きるまで何個も買いに走るパパ。
BMWが誇る最新のバルブトロニック直列6気筒エンジンに火をつけ、
今日も駆け抜ける喜びを感じているであろう
バタークリーム探しの旅路。

土曜日, 12月 22, 2007

年末になると思い出すこと(13回目の1月17日)

阪神・淡路大震災は1995年1月17日の早朝に起きました。
僕が1993年の7月から勤めていたノースウェーブで仕事を
し始めて2年目の事です。

朝の番組を担当していたので、朝7時半には出勤していた
のですが、朝からニュースは大混乱。
建物の倒壊や火災による煙など、その災害の大きさは
見てすぐ理解できましたが、夕方になり、街が火によって
赤く染まったのを見た瞬間の恐怖感は、今も忘れられません。
何かしなきゃいけない、と思い立ち、皆で相談して翌朝
募金活動を開始したのですが、今考えれば、
まったく経験も無いままに特別編成を志願して、
ただ正義感に突き動かされるように卓に座っていた自分に
よくそんな自信があったな、と感心します。

正直、この日の放送内容はまったく覚えてないんですよ。
そうとうテンパってたんでしょうね(笑)

募金場所を移動したりしてたのは覚えてるんです。
Wessさんが中継車を出して、それにDJが乗って
琴似から出発したはず。他のことはまったく思い出せない。

STVラジオでアルバイトをしていたことを除くと
来年で仕事始めてからまる15年経つことになるんですよね。
あの頃の僕を思い出す若い人達とも、男女問わず何人かに
出会うことが出来た2007年。2008年は、彼らに何かを伝えられたらいいな。

金曜日, 12月 21, 2007

羽毛布団とこの週末も仕事で謀殺される事実について

久しぶりに朝まで仕事しました。
冬になって日が昇る時間が遅くなり、朝日を見ることが少なくなったのですが
今日は見ました。良い天気だね。

それから2時間ほど仮眠を取って、職場に行き
今、がんばって追い込み作業中。
寝不足になると必ず体が痛くなったものだけど
羽毛布団を高いのに買い替えたら、全然痛くなくなりました。

さて、これが終わっても、まだあれが…みたいな感じで
クリスマスもお仕事決定です。
まぁ、もともとレギュラー番組のスケジュール上、
月曜日は仕事とわかっていたし、そこにいくつか仕事が
重なったところでビックリもしないんですけどね。

仕事を始めた16年前の日から今日まで、クリスマスって
休んだことあったかな?…覚えてないな…

まぁ、なんていうか、お正月に休むために
今こんなに努力しなきゃいけないのが不条理だ、休みなんて
いらないだろう!ってのは、暴論なんでしょうね。

水曜日, 12月 19, 2007

2,000円分のお食事券

先日、サッポロファクトリーにあるレストランのポイントカードが
まんべんなく埋まり、2,000円分のお食事券と交換になりました。

で、今日、お昼を食べる時間がなくて最高にお腹の空いていた
午後7時、めでたく2,000円分を使い切って晩ご飯を一人で食べました。

ファクトリーのレストランで2,000円分を使うのは、
結構な食べ応えのある量になるので、とても幸せな感じでした。
ただ、年末のこの時期に、一人で晩ご飯を食べるのは切ない気持ちでいっぱいで
ちょっとだけ巨大なクリスマスツリーの電飾が滲んで見えました(涙)

まだまだ仕事は終わらない…
しかし、夜中になった方が道は滑らない…

除雪車がそろそろ入るはず。

月曜日, 12月 17, 2007

Last Century Modern

Tei Towaのソロ3枚目「Last Century Modern」は1999年に
リリースされたんですが、このブログを見ている人の中には、
世紀末ムードも漂ってきていたその頃、
まだ高校生や中学生だった人もいるんですよね。
その頃僕はすでにバツイチでした。ひゃっほー。

社会人になって8年目とかそのくらいでしたけど、
それはそれは荒くれ者で(笑)、時代の空気感みたいなものに
支配されまくって、前時代的なものをすべて否定していたことを
よく覚えています。
その頃に出会った人の多くとは、未だに大事な友人だったり
仕事のパートナーだったりもするんですよね。
よくガマンしてくれました。

そしてそんな時代の空気感を思いっきり詰め込み
日本のマーケット向けに加工したような音楽が
このアルバムには満載されていました。

ラウンジと呼ばれた音楽ジャンルに相当すると思うのですが
日本人ボーカリストが参加していない曲は、今でも
すごい新鮮に聞こえます。
これは、Tei Towaという存在の純度が高さが影響しているのかも
しれません。
純度、精度というのは、時間に左右されないものなんでしょう。
であれば、前時代的と僕が嫌っていたものは、そのレベルで負けていた
という事なのかもしれませんね。

忘年会とクワトロシステム

某放送局の某番組の忘年会に行ってきました!
全部で25名。出演者はもちろん、現場のスタッフも全員参加。
とても楽しかったです!
メイン出演者である某が全員参加とあって凄いテンションでしたが、
明日の朝番組大丈夫なんでしょうか、某様(笑)
心配ですが、見逃せない気もします。

出演者と現場スタッフは、朝7時半からのロケが終わって
夜9時からの忘年会ですから、体力勝負ですよね。
僕はロケには絡んでないので、最初、周りのテンションに
圧倒されてました。
一緒に会場に入った某も、某局TOP100の生放送終わりで
消耗しきってましたが、明日は早朝から仕事だそうで
ご苦労様です。

ところで、僕、某、某のボケ担当 某さん、フードコーディネーターの
某さんが同じ歳。
フードコーディネーターの某さんは、もの凄い童顔で可愛らしい方で
全然同じ歳には見えないのですが、そのうえ奥様、
しかも旦那様はミュージシャンと聞いて、もう驚きっぱなしです。

さて、今日は昨日の晩から降り続いた雪が、日中の晴天により
つるつるに磨かれたアイスバーンは、夜になって鏡面仕上げになってました。
とんでもないスリッピーな道路でしたね。
車で会場に行くのは一瞬ためらったのですが、
アウディのクワトロシステム(機械式トルセン4WD)の実力を知るにはいい機会なので
車に乗っていきました。

素晴らしい。全然怖くない。

電子的、もしくは機械的な制御によって、すべての駆動装置が
統合されたアウディのクワトロシステムとブレーキシステムは
追突される心配さえしなければ、まったく冬でも不安はありません。
もちろん、スピードは充分に落として、の話ですけどね。

タクシーに乗るよりも、安全に、早く帰って来れたと思います。
カーブの侵入速度が早く、4輪が全部滑っている状態になった時の
姿勢制御は、あまりに素晴らしくて涙が出そうになりました。
最新型アウディはABS+EBDといったブレーキシステムに加え
ESP8という、4輪のブレーキを独立制御する他、エンジンパワーも
制御する凄いシステムになっているそうで、今日のような路面では
どのような状態になるのかすごい興味あります。

日曜日, 12月 16, 2007

Yesterday

やばい!変なこと口走っちゃった!
みたいなことは良くあること。
僕はほぼ毎日必ずって言っていいほどあります。
考えないで喋っちゃうからなぁ。

昨日は良かった、と思い焦る気持ち。
それは恋する時、仕事している時、家族、友人、誰とであろうと
人とコミュニケーションを取っている間は、必ず襲ってくるもの。

「Yesterday」は、ポールが亡くなったお母さんを思って書いたと言われる名曲ですが
誰にでも訪れる瞬間の胸をえぐるような気持ちを歌にしたことが、今でも語られる理由なのかも。



土曜日, 12月 15, 2007

ベッチャベチャの雪が降る札幌

靴を買い替えたため、まったく靴下が濡れなくて
大変ご満悦の鈴木です。

靴下が濡れるだけならまだしも、革靴なんかで濡れてしまうと
凄まじい匂いを溜め込んでしまうので気をつけたいところです。
忘年会シーズンに、小上がりで靴下が臭いのは、相当なリスクを
背負うことになりますので。

忘年会ですが、とりあえずこの日曜日にあって、
来週も入ってるんですよね。
でも、年末進行でいろいろな仕事がガンガン前倒しになっているので
顔を出せない場面もありそうです。
そもそもお酒飲めないし。

まぁ、今日も凄い道は混んでいるし、宴会の席でなくとも年末な
気分は味わえるんですが、この季節になると目立つのが
電飾を凝らしたお宅。
センスがいいのか悪いのかよくわからないホワイトイルミネーションで
街の中は随分華やいでますが、個人宅も負けていません。
センスがいいとも悪いともわからない凄まじい電飾で周囲を威嚇するお宅が
うちの近所にもあります。

まぁ、ともかく、年末は気分が高揚しますもんね。

木曜日, 12月 13, 2007

子供なので下ネタが好き

僕、年齢と外見はすっかり年相応のオヤジとなってしまいましたが
ある頃からすっかり成長を止めた内面は、今も子供。
エバーグリーンな素敵なやんちゃっぽさや青さではなく
臭い、汚い、エロいが大好きな、相当知能指数の低い子供を想像してね。

ここから、下ネタ満載ですので注意してね!
読み進める方は、隠語の意味をあまり深く詮索しないように。

で、今日、お昼を相方と一緒にとり、その足でパンツ(ズボン)を買いに
GAPへ。
ここ最近、突然同時多発的に破れはじめた同じメーカーのズボン達。
この精度の高さに驚くとともに、いそぎ購入しないといけないので
買う気満々で店内へ。
で、見つけたのが12,000円のパンツ。
サイズもあるし、なかなかいい感じだったので試着室へ。
サイズは余裕があるし、相方を試着室まで呼んで見てもらうと
「股間が目立つ…」と、僕の子供心に火をつけるナイスなコメント。
実は、試着して鏡を見た時、自分でも気がついたんだけど
素晴らしい立体成形と柔らかい生地のため「謙太郎君」の存在感は二割増。

これで街を歩くとモテるんじゃない?なんて
相方の失笑をよそに僕は盛り上がるものの購入は断念。
まぁ、ボクサーパンツとか履けばいいんだろうけど、僕、苦手だから、と
そのズボンの成り立ちを説明するが、下ネタへのベクトルは抑えきれず
これで街を歩くと、力みっぱなしに見えるかな?などと
相方を失笑から怒りにシフトさせるに十分の言葉を吐き続ける。
力みっぱなしだって見えるとモテるんじゃないか、
そもそも力みっぱなしはモテるのか?みたいな。

違うの探すことにします。

水曜日, 12月 12, 2007

Ribbon in the sky

「年賀状は贈り物だと思う」って、
いいキャッチフレーズですよね。
やる気が湧いてきました(明後日、入稿)

贈り物にはリボンを
http://jp.youtube.com/watch?v=-58Np7s95u0&feature=related

年末は、命がけの忙しさ…なのになのに!

なんなんだよ、この建物!
まだこんな時間なのに、暖房切るんじゃネェよ!(怒)

いや、笑ってね、

火曜日, 12月 11, 2007

Comme des GarçonsとUNIQLOのヒートテック

えらい寒くなってきました。北海道は冬本番ですね!
UNIQLOで、初めてハイネックのヒートテックのインナーを購入。
1,500円の黒いのを2枚。これ、超暖かい!

ただですね、今日は、ちょっと失敗。
ギャルソンのシルバーのまったく冷気を通さないナイロンの服を買ったんで、
うれしくて今日着てたんですが、北海道の職場って、冬はメチャクチャ暑いんですよね。
シルバーに黒のハイネック!みたいに考えて着たんですけど、シャツは完璧に外気を通さず、
しかもホカホカのインナーの組み合わせでは、室内では暑くて汗がとめどなく流れてとても大変でした。

ただ、このヒートテックは凄い気に入りました!
ベタつきしたりしないし、洗濯しても毛玉が出ないとかで
結構人気なんですってね!
また買おう。何枚あっても困らなそうだし。

なんとなくS.O.Sの大好きな曲を

土曜日, 12月 08, 2007

ジョンと宇宙の用意 - John & Ready For The Universe

"ジョンと宇宙の用意 - John & Ready For The Universe"とは、
みさきちゃんの弟さんが参加しているバンドQuizmaster
アルバム"家出少年 - Runaway Boy"におさめられてる曲で、変幻自在のリズムアレンジで
ドラマティックな展開を見せる大好きな曲です。
QuizmasterのMy Spaceで曲を聞くことも出来ますよ!

ってなわけで、今日はジョンの命日。
昨日のブログもジョンの曲を紹介しましたが
今、こんな時代だから、もう一度世界中にジョンのメッセージを届けたい。
映画「PEACE BED - アメリカ vs. ジョン・レノン」は、
札幌は今日からシアター・キノで公開になります。

金曜日, 12月 07, 2007

Happy Christmas (War Is Over)



War s Over,If you want it

今も戦火が世界中のどこかであがっていて
たくさんの人が亡くなっているわけで
誰もが望めば戦争は終わるのに、望まない人がいるってことなのね。

今年の3月いっぱいまで担当していたテレビ番組の最後の曲は
この曲でした。


冬空の今の気持ちに一番近い曲

Volcano Girls

なんだろう?なんだか全然寝付けない。

抱えている仕事のうちのひとつが全然うまくいかないから?
官庁相手だもの、うまくいかないなんて当たり前とあきらめられないのは
僕の弱さ?子供過ぎ?

でも、それで寝れないのかなぁ。なんだろ?

いろんな事を考えすぎちゃった。
今のこと、未来のこと、仕事のこと、自分のこと。

眠れない理由のひとつは正確に分かってるんだけど
なんていうか、青春だね、これも。
まだ気持ちは若い証拠ってことで(笑)

木曜日, 12月 06, 2007

Level 42 - Lessons In Love

まぁ、これ好きだ、っていうのがオッサン臭いのですが
とにかくこの頃の英国バンドは、Level 42みたいなフュージョン系も
Aztec Cameraのようなネオアコも大好きです。
なんか、冬だからかな?





火曜日, 12月 04, 2007

いい車、ダメな車

若い人が車を買わなくなってきたのは間違いなく
それは様々な要件があってのことだとは思うけど
車大好きな僕にとって、かなり悲しいことです。

車を買うっていうのは、買い物としては随分高価な買い物ですし
ローン、車庫証明、取得手続き等、結構な手間がかかります。
消費税以外の税金もたくさんかかってきますしね。
そういった意味でも、若い人にとっては面倒なことなのかも
しれないのですが、であればこそ、手間を惜しまず愛せる車を
選んで欲しいな、って思います。

で、車です。

ここ数年の間に起きた他メーカーの買収など、企業の大型化とグローバル化は
パーツの共有や品質基準のグローバル化といった効果をもたらし、
「外車は壊れやすい」というイメージを払拭しはじめています。
エンジンはドイツ製、ミッションは日本製、みたいなことですね。
さらに、パーツや整備などのサービスも安価になり充実してきたので、
国産車を選ぶことと輸入車を選ぶことの差は縮まりつつあります。

新車で乗り出し200万円以内だと、輸入車はまったく該当する車はありません。
国産車だと、HONDA フィット、MAZDA デミオ、TOYOTA ヴィッツが該当しますが
ここから選ぶならフィットとデミオでしょうね。
日産のコンパクトカーは間もなくモデルチェンジに入りますし、ヴィッツは商用車として
使われ過ぎ。街を走っていてスーツを着たオッサンが同じ車に乗っているのを見かけるのは
あまり気分のいいモンじゃないですよね。

うちの妹の例を挙げれば、デミオの1.3リッター、e-4WDの新車が
乗り出し価格でオプションなどをいれて180万円以内。
ただ、MAZDAの車はSUBARUほどひどいことはないでしょうが
リセールバリューが低い可能性もあるのでちょっと怖いかな。
値段はフィットも同クラスであれば同じくらいでしょうね。
ただフィットにはガラスルーフ(オプション)があるし、乗った感じも
相当高いと聞いています。妹のデミオに乗せてもらった時に感じた
後輪が浮き足立ってドタバタした感じは、フィットと比べると明らかにネガと
言えます。
しかし、街で見かけるその姿は、あきらかにデミオの方が新鮮で、
ウェッジシェイプの効いたスタイリングは、相当に煮詰められてきたフィットですら
まったく歯が立たない、次元も車格も違う美しさ。
ただし、この美しさを演出する盛り上がったフェンダーと後端に向かってせり上がる
ショルダーラインは、バックだと目視でもサイドミラーでも車両感覚がつかみづらいうえに
視界が悪い。慣れれば平気でしょうが、妹の車からアウディに乗りかえたら、圧倒的に
アウディの方が運転しやすかったんですよね。

ただ輸入車になると、オートマの4WDの車で小型車はVW ゴルフ、アウディ A3 SPORTS BACKなどに
限られ、それまた中古車でも300万円近くするんですよね。
最近は除雪も早く、FF車でもまったく問題ないと思うのですが、やはり4WDのトランクション性能
(駆動力を地面に伝える力)は北海道では魅力的です。
そうなるとやはり国産車。ここはひとつ、ヨーロッパ車に迫る、いや超えるほどの魅力を持ち始めた
コンパクトカーであなた好みを捜してみては?

______________________________________

ここ最近顕著なのは、環境をキーワードにしたエコカーが増える一方で
スーパースポーツと呼べるようなとんでもない高性能車でありながら、
贅を尽くしたプレミアムな印象の強い車も増えていること。
ヨーロッパでは5年くらい前からハイパワーな車が目立ち始めてましたが
レクサス IS-F、GT-Rと国産メーカーも参戦し、ちょっと異常な盛り上がり。
しかし、初年度の出費が800万円を超えるような車が話題になったところで
若者の車離れは止められないと思います。