火曜日, 7月 17, 2007

災害報道

地震のニュースには本当に驚きました。
被災地は大変なことになってることと思います。
お見舞い申し上げます。

新潟市にいる知り合いは特に被害もうけず、デパートに出勤したようで
ひとまず安心。

2000年の有珠山噴火の時、4日間ですが報道の人員として被災地に
行ったことを思い出します。
避難所の環境はただただ息を呑む状況でした。
ボランティアの方や行政に関わる方々の努力、移動郵便局などの市民サービスなどもあって
驚くほどのスピードで整備は進むものの、やはり集団で体育館に寝泊まりするのは
精神的にも体力的にも相当な厳しさだったと思います。
疲労感を隠せない子供に声をかけ、外で一緒に遊ぶ先生方の姿には、本当に感動しました。

被災地にいて感じたことは、とにかく情報が届かないこと。
まさにその現場にいるのですから、前述したような目に見える範囲のことはわかるんですが
被害の詳細な状況や、復興のスケジュール、災害補償など、
いったい誰に聞けば良いのか、相談すれば良いのか、全然わからないんです。

テレビを見ていればわかる通り、現場の情報など数限られていて
どの放送局見ても現場から流れてくる情報にさほど違いはありません。
であれば、現場にいる民放各局や、その合計と同じだけいるNHKの報道人員が
それぞれ手分けするなどして、被災者の方々に必要な情報を取材するような人員を
さいたり出来ないものなんでしょうか?

避難所に用意された数十台(全体で40台ほどだったはず)のパソコンが
どれだけ避難生活を強いられた人々に役立ってたかを見た僕は、
もう少し先の報道の姿に期待せずにいられないのです。