月曜日, 7月 30, 2007

美しい国のグランドデザイン

選挙で政権与党が大敗しましたね。
悲しくなるくらい選択肢のない北海道選挙区で僕が票を入れたのは野党です。
僕のような者でも、思わず「先生!」と呼びたくなるような、
心から尊敬できる政治家の登場を待つばかり。

どの党に入れたのかは伏せますが、興味深く討論番組を見ています。
一緒に考えてみたくなるような議論は本当に面白いです。
農業政策の議論は本当に興味深いです。すごい大事な話ですよね。
与党と民主党の意見のキャッチボールは、キャッチボールが成立していて
これが国会になるとどうして強行採決だの議会欠席だのになるの?みたいな印象です。
逆に会話に入れない議員さんがいるのには絶句です。

さて表題についてですが、安倍首相の掲げたスローガンですね。
「美しい国、日本」
(1)文化、伝統、自然、歴史を大切にする国
(2)「自由」と「規律」を知る、凛(りん)とした国
(3)未来に向かって成長するエネルギーを持ち続ける国
(4)世界に信頼され、尊敬され、愛される、リーダーシップのある国

それぞれに文句を言いたい気もしますが、それはともかく
今日の開票速報特別番組の中で
ものすごい気になったことがあります。

安倍総理の車はトヨタのセンチュリー。
首相官邸を出て、自由民主党本部まで500mほど。
首相は日本でも他に類をみない5リッターV12エンジンというセンチュリーをアイドリングのまま
10分程度待たせて、ようやく官邸から自民党本部へ。

センチュリーは低排出ガス車です。
しかし燃費は悪いです。
その燃費の悪いセンチュリーで500mを移動です。

移動以外のときはアイドリングで運転手が待機です…
もちろんエアコンはキンキンでしょうね。

おいこら、美しい国にするための
環境問題とやらはどうなのよ。

500mくらい歩こうよ。
でも警備が大変かな?

防弾ガラス仕様のセグウェイとかいかがでしょう?
あればね。