日曜日, 9月 09, 2007

11年目の悲劇

愛車キャデラックがいよいよ死にかかってきました。

今朝、母を送るときはなんでもなかったのに、
お昼前に出かけようとキーをひねったら、あきらかに
ギアの噛み合ってない悲鳴に近い金属音が…

前にちょこっと知らせた通り、僕は車を春前に
乗り換えるつもりでした。
冬タイヤも夏タイヤももう限界だし、
フリーになって一年を過ぎ、次のステップを
見極めてから車も乗り換えようと…

小さなスポーツカーが欲しい。

アウディTTクーペ 3.2 QUATTRO S-LINEを目標にがんばってたんです。

ところが…

春前も何も、もうキャデラックが動かない。
おそらく明日になればエンジンもかかることもあるでしょうが
この不安を抱いたまま出かけるなんて出来ません。

残念だけど、TTクーペもあきらめて
現実的な違う車を探すことにしました。

いろいろ残念。キャデラックだってまだまだ乗り続けたかった。
内装もまだまだきれいだし、シートなんて信じられないくらい
皮も艶があるし、最上級の肌触り。

アウディTTクーペは、乗りたかったけど
次の目標に近過ぎたのもあって、簡単にあきらめられた。

ちょっと足踏みしながら、でも楽しい人生を送れてると
信じています。こんなにたくさんの車に乗れてるんだもの!
次も車好きな僕が盛り上がれる車になりそう!