月曜日, 12月 17, 2007

Last Century Modern

Tei Towaのソロ3枚目「Last Century Modern」は1999年に
リリースされたんですが、このブログを見ている人の中には、
世紀末ムードも漂ってきていたその頃、
まだ高校生や中学生だった人もいるんですよね。
その頃僕はすでにバツイチでした。ひゃっほー。

社会人になって8年目とかそのくらいでしたけど、
それはそれは荒くれ者で(笑)、時代の空気感みたいなものに
支配されまくって、前時代的なものをすべて否定していたことを
よく覚えています。
その頃に出会った人の多くとは、未だに大事な友人だったり
仕事のパートナーだったりもするんですよね。
よくガマンしてくれました。

そしてそんな時代の空気感を思いっきり詰め込み
日本のマーケット向けに加工したような音楽が
このアルバムには満載されていました。

ラウンジと呼ばれた音楽ジャンルに相当すると思うのですが
日本人ボーカリストが参加していない曲は、今でも
すごい新鮮に聞こえます。
これは、Tei Towaという存在の純度が高さが影響しているのかも
しれません。
純度、精度というのは、時間に左右されないものなんでしょう。
であれば、前時代的と僕が嫌っていたものは、そのレベルで負けていた
という事なのかもしれませんね。

忘年会とクワトロシステム

某放送局の某番組の忘年会に行ってきました!
全部で25名。出演者はもちろん、現場のスタッフも全員参加。
とても楽しかったです!
メイン出演者である某が全員参加とあって凄いテンションでしたが、
明日の朝番組大丈夫なんでしょうか、某様(笑)
心配ですが、見逃せない気もします。

出演者と現場スタッフは、朝7時半からのロケが終わって
夜9時からの忘年会ですから、体力勝負ですよね。
僕はロケには絡んでないので、最初、周りのテンションに
圧倒されてました。
一緒に会場に入った某も、某局TOP100の生放送終わりで
消耗しきってましたが、明日は早朝から仕事だそうで
ご苦労様です。

ところで、僕、某、某のボケ担当 某さん、フードコーディネーターの
某さんが同じ歳。
フードコーディネーターの某さんは、もの凄い童顔で可愛らしい方で
全然同じ歳には見えないのですが、そのうえ奥様、
しかも旦那様はミュージシャンと聞いて、もう驚きっぱなしです。

さて、今日は昨日の晩から降り続いた雪が、日中の晴天により
つるつるに磨かれたアイスバーンは、夜になって鏡面仕上げになってました。
とんでもないスリッピーな道路でしたね。
車で会場に行くのは一瞬ためらったのですが、
アウディのクワトロシステム(機械式トルセン4WD)の実力を知るにはいい機会なので
車に乗っていきました。

素晴らしい。全然怖くない。

電子的、もしくは機械的な制御によって、すべての駆動装置が
統合されたアウディのクワトロシステムとブレーキシステムは
追突される心配さえしなければ、まったく冬でも不安はありません。
もちろん、スピードは充分に落として、の話ですけどね。

タクシーに乗るよりも、安全に、早く帰って来れたと思います。
カーブの侵入速度が早く、4輪が全部滑っている状態になった時の
姿勢制御は、あまりに素晴らしくて涙が出そうになりました。
最新型アウディはABS+EBDといったブレーキシステムに加え
ESP8という、4輪のブレーキを独立制御する他、エンジンパワーも
制御する凄いシステムになっているそうで、今日のような路面では
どのような状態になるのかすごい興味あります。