月曜日, 2月 11, 2008

ちょっとエラそうな口ぶりになっちゃうけど…

この一ヶ月間、春の改編期でもの凄いたくさんの企画書を書きました。
あ、たくさんでもないや。書き直ししたからたくさんな気がしたんだ(笑)

でね、その全てがテレビの新番組や特別番組の企画書で、
要請を受けたものと自分で考えていたアイデアをブラッシュアップしたものと
あったんだけど、今まで経験してきたことが一気に溢れ出る感じで
もちろんまだまだ未熟だけど、それでも随分いろんなことを振り返る機会になって、
とっても勉強になったし、良い機会だったな、と。

企画書を書くとハッキリ認識するのは、それをやって結果何を得るか、っていう
目的意識が凄く大事、ってこと。
今まで色々やらせてもらったけど、ここ数年はクリエイティブやオシャレさんな何か、
みたいなことがとっても多くて、それで知り合った人達もたくさんできました。
でも僕がテレビを通して視聴者であるみなさんに提供できた事って
「予感」以外にも明確にあったかというと、ちょっと弱かったような気がするんです。
それがとっても心残りです。もっとがんばれたような気がするの。

昨年春からバラエティ番組に関わらせてもらって、それが凄く勉強になったし
春からも続くのでよりがんばろうと思うんだけど、それとは別にもうひとつ
立ち上がるにあたって、目的をより強化していこうと思っています。

「なんの為にやるの?」「それで誰が幸せなるの?」「それで買ってくれるの?」

一緒に仕事をする諸先輩方を含むスタッフの皆さんには良い迷惑かもしれないけど(笑)
なんとなくまとまっちゃう事を良しとせず、全力で意見を振りかざすつもりです!

今まで求められてきたのは、結果よりプロセスの洗練度みたいなことでした。
でも、結果を得るためのプロセスなんだ、って僕はあらためて思ってます。

見た人が「得した!」って思えるようにがんばりますね!