火曜日, 2月 19, 2008

あぁぁ…クラウンのこと忘れてた

新型クラウンが発表になりましたね。

先代のゼロ・クラウンと呼ばれたちょっぴりスポーティな
スタイルを踏襲したボディは、基本先代からのキャリーオーバーだそうで
先代のシャシーに最新の電子制御を加味した感じみたいですね。

そんなに大きくないのに大きく見える、日本のオッサンのために作られた
ステータスカーなんでしょうが、相変わらず残念な感じがTOYOTAらしい。

冒険はしづらい立場の車であることはわかりますが
とにかくケツが重〜い感じがクラウンだなぁ…と。

キャビンを小さく、ルーフを低くしたところで
足もとの鈍くささが、どうにもひどい。

ルミオンやbBのような、もはや遊園地の遊具にしか見えない
最低な車を世の中に投げちゃってる世界一のメーカーの
とにかく最も保守的でつまらないであろうブランドの新車だけに
なんにも期待していなかったんですけどね。