火曜日, 11月 27, 2007

過去の恋愛にまつわる話

僕の恋愛の話なんて聞いたって、反応するのは僕の今の相方くらいかもしれないけど
そんな相方も興味すらわかないであろう、高校生の頃の話です(笑)

なんでそんな話になったかわからないけど、局で編集作業を終わってから
高校の同級生の事務所でまた違う仕事をせっせとしていて、そんな話になった訳です。
おそらくは、僕はとっても一途なんだよ!なんてことを言ったことから始まったものかと。

まずですね、僕、高校一年生のときは、夏まではとにかくひどく傷ついてたんです。
中学の頃、それはそれは好きだった女の子がいて、毎日毎日一緒に帰っていた
男友達(愛称:ぶちゃ)と公園のブランコに揺られながら相談にのってもらってたんですよ。
それが、その子とどういうわけか付き合うことになって、すごく大事に思っていたのに
高校生になってから自然消滅。それはそれは深く傷ついていて、もう全然立ち直れなかった。

懐かしいなぁ…本気で傷ついてたもん。

で、高校一年になって、夏休み中のインターハイで凄い仲良くなった女の子と
学校は違ったんですけど、どうも気持ちを通わせるようになり…
携帯電話なんて無かった時代に、誕生日に電話もらって、正月は一緒に初詣に行って…
ただ、もう一歩が踏み込めなかったんですよね。なんでかな。
凄い傷つけちゃったよね。ごめんね。

それで春になり、2年生になる時にクラス替えがあって
最初の席替えで隣に座った女の子がいたんです。
でも、これがまた僕ってば、気が狂ったように異常なテンションで毎日過ごしてたもんだから
隣の女の子がどれだけ可愛い子でも、ほとんど気にもとめてなかったんです。
ところが!ある日、かわらず異常なテンションで掃除をしていたら、どうも視線が刺さり
ふと見るとその隣の女の子とその友達の女の子二人で僕の方を見てて、
なになに?と聞いたら「彼女はいるの?」って聞かれて「いないよ、ほんと」って
答えたら、それから「消しゴム貸して」とか「ノート見せて」とか話しかけられるようになって
で、どういうきっかけか付き合うようになったんです。とは言っても、
僕はこの頃、とにかく水泳ばっかりやってて、一緒にいる時もなんか、今考えると、随分な感じで
恥ずかしいことばっかりやってたような…

それで数ヶ月たってから「みんなのケンタロウ君って感じする」って言われてフラレちゃって…
これがまた、壮絶な落ち込みようでして、実は卒業してからもしばらく忘れられなかったんです。
フラレてから卒業までの間には、バンドやってたせいもあって、
随分たくさんの女の子と付き合ってたんですけど、どうしても忘れられない。
で、まぁ、さすがに一度結婚もしてるのであの頃と同じような思いであるわけではないけど
いまどうしてるのかな?ってたまに思い出すこともあります。

で、消息知ってる人、ぜひ教えてね。
会いたいとは思わないけど、謝りたいとは思いますね(笑)

あと、3年生の時、一時僕に凄い良くしてくれた女の子がいたんです。
これが、この子凄い美人で、凄いかっこいい男の子と以前付き合ってたことも
知っているし、なんで僕と仲良くしてくれるのか、それはそれは考えました(笑)
そんなんだから下心も全然芽生えなくて、ただただ可愛がられてた気がします。
…あれは何だったんでしょう?今になって凄い気になる!

理由知ってる人、教えてね。

と、まぁ、ここまで書いたけど、どんな思い出を振り返っても、今の相方が一番!

カービュー・イヤー・カーに投票しました。

私が選んだ車はこちらです。
国産車部門:日産 / NISSAN GT-R
選んだ理由:
デミオと迷ったが、世界最高水準の性能と技術を持ち合わせていながら
どこからどう見ても日本車であるGT-Rは、やはりイヤーカーにふさわしい

輸入車部門:アウディ / R8
選んだ理由:
非日常のスピードを実現しながら、日常の足として使える
クワトロシステム搭載のスーパーカーは、都会的なクールネスと知的さで
他の車を一蹴していると思う。
今年は、スポーツカーがとても魅力的な年でした。

特別賞部門:マツダ / デミオ
選んだ理由:
完全に欧州車をしのいだと思えるスタイリングは
歴史に残る秀逸なデザインだと思う。
妹が買いました。