日曜日, 2月 24, 2008

北海道ならではの緊張感…?

雪で立ち往生って…怖いなぁ…
長沼町と由仁町を結ぶ国道274号で80台が雪に埋まったって…
千歳市内で65台、あわせて150台が立ち往生。
豊浦では亡くなった方もいるみたいだし…

走ってる車が動けなくなるって、どんな状況なんでしょう?
しかも一晩とか止まっちゃったまんま、車中泊って!(汗)

想像を絶する状況だわぁ、ガソリンがギリギリだったら…
びっくりして長沼に実家のある友人にメールしたら、腰まで雪につかるくらいの
すごい積雪だったようで…

札幌市内は滑りはするものの風が強いだけで雪は大丈夫だったもんなぁ。
事故を何台か見たけど、皆さん気をつけましょう。
僕も今日は私的な予定をひとつキャンセルしたんですよ。
晴れ間が多くて、車も多かったんですが、やはり用心した方がいいな、と。

クワトロシステムを積んだ僕のアウディでも、不意の状況は考えられるし
周りの車からのもらい事故には対応できないですからねぇ…

カレンダーは3月も近づくけど春は遠いなぁ…

さて、昨日の日記を見たという友人からメールがきました。
数字と車の関係がわかったよ!とのこと。
僕は思いました。多分、多少誤解している。

誤解されるであろうメーカーはアルファロメオとプジョー。
アルファロメオの現行車は8Cなどの限定車を除けば
147と159と166、GTV、アルファGT、アルファブレラ、
スパイダーの7車種。
この147と159が最量販車だと思うし、159の先代にあたる
156は、セダン、ワゴンとも大ヒットモデルですよね。
で、ですね、この数列、何の意味かはよくわかんないです(笑)
ミドルクラスセダンのラインナップは75、155、156、159と
続いてきていますので、15という記号性でミドルクラスを現してるんでしょう。
159まできちゃってるので次のモデルが心配だ。
16になると、90、164、166と続くビッグセダンの記号になっちゃうからなぁ。

で、プジョーなんですけど、我が家のは306です。
ビッグヒットした先代の小型ハッチバックが206。映画「タクシー」では
初代タクシーが406、最新作では407が登場しています。
ってなわけで、車種の真ん中が"0"のつく数字列なんですね。1007ってのもありますが。
有名な話で真ん中に"0"が入る3桁の数字列は全部商標登録しちゃってるらしいです(笑)
これは205、206、207と続く小型ハッチバック、306、307と続くハッチバック、
406、407と続くミドルセダン、ということで、おおよそ理解できるかと思います。

で、プジョーの登録商標のおかげで生まれた歴史に名を刻み続けている車名があります。
ポルシェの911シリーズがそれです。開発コードネーム901は、
901という名で販売したかったのにプジョーの登録商標で登録できなかったから
911という名で販売しました。
今や9のつく3桁の数字列はポルシェというメーカーの記号性を感じますね。
現在はカイエン、ボクスター、ケイマンなどの車種もありますが
ポルシェといえば911。ちょっとここで複雑なのは、ポルシェ911の場合、
モデルチェンジの度に開発コードネームが通称になる場合が多い事。
911シリーズの最新型である現行車は997、先代(僕はこっちの方が好き)は996、
最後の空冷式エンジンを積む911となった先々代の993。


エンジン形式や排気量を示す以外にも、数字の記号性やコードネームみたいなのも
あるってことですね。ちなみにランボルギーニ のムルシエラゴの2006年モデル
LP640は伝説のスーパーカー カウンタック LP500と同じく、
縦置きエンジンを示すLPに最大出力640馬力をしめしたものです。

クワトロなら大雪でも大丈夫

家の前ならまだしも、撮影に行った駐車場は雪かきした形跡もない
とんでもない積雪っぷりでしたがクワトロはぐんぐん進みます。

素晴しい(涙)

実は2週間ほど前にぶつけちゃったんですよ(号泣)
リアフェンダーの下をゴリッと。

で、本日板金塗装から戻って来たんですが…
これ、言っちゃっていいのかな…ディーラーで直したんですが
サービスさんに聞いたら、通常でもカーコンビニクラブで見積もってもらった半額以下ですって。
僕の場合は…これ以上は言えない。

で、すごい雪だったんですが、相方の実家のBMW525iが
家の前で埋まっちゃって大変だったみたいです。
で、JAFを呼んで引き上げたら、そのすぐ後、お隣のおうちのBMW320iが
埋まっちゃったらしく…

で、このBMWとメルセデス、レクサスや日産の一部も
数字が車種を示していますが、これの意味知っていますか?

メルセデスとレクサス、日産の場合は単純に排気量、もしくは
排気量相当の出力って意味で付けられてるんですね。

メルセデスベンツ S550だったら5,500ccってこと。
これがS600の場合は5,500ccの排気量のエンジンにターボ付き。
E320 CDIは3,000ccのディーゼルエンジンにスーパーチャージャーがついてます。
レクサスLS460は4,600ccのエンジン。LS600hだと5,000ccのエンジンに
モーターアシストがついたハイブリッドなので
6,000ccくらいのパワーありますってことですね。

これがBMWになるとちょっと変わります。
BMW525iの場合、5という車種シリーズで2,500ccのエンジンって意味です。
335iの場合は3,000ccのエンジンにターボがついてるわけです。
iっていうのはインジェクションの意味。燃料噴射装置のことなんですが
現在の車はインジェクションの車しか無いので今はこの記号は形骸化しています。

フェラーリの場合はもっと複雑なのですが
それでもなんとなくその車のエンジン形式を知る事ができる数字の並びだったりします。

アウディの場合は頭文字のタイプが5つあります。A、S、RS、Q、Rですね。
A3、A4、A5(発売されたばかりのクーペ!かっこいい!)、A6、A8。
この数字は車種のことで、このそれぞれの高性能版がS、そのさらに高性能なのが
RSになります。
RはR8の1車種、QはQ7の1車種、この他にTTクーペ、オールロードクワトロっていう
単独車種があります。

僕の車はA6。

ってな具合で、冬は四輪駆動だね。